邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ・ハチ)を中心に,たまにしょうもない趣味を綴っていく日記. 恥ずかしく読みにくい文章で申し訳ございません.コメントやリンク大歓迎です (リンクの際はご一報ください).画像の無断転載はお控えください.当ブログの管理人および記事に登場する人物は実在の人物とは基本的に無関係です.当ブログの運営に関する諸々のご意見は,ブログ内でのみ受け付けます.ご了承ください.

現在、自己採集した日本産アリ類(2014~)は174種(雌104種,雄67種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

カテゴリ: 直翅

yabu
この間KY海岸に行ったときに見た黒いヤブキリ.カッコいい.この日はほとんど採集できなかったがクボミシリアゲアリ(Crematogaster vagula)と鼻高だけは手にしてなんとか面子を保った.
このエントリーをはてなブックマークに追加

まつむし
県の南の方の文献を読んでいたとき,そういえば先日南の方へ採集に行ったときにこんな虫を捕まえていたな,と思い出した.
マツムシ(Xenogryllus marmoratus).チンチロリンの鳴き声(実際は全然違うけど)で知られる風情のある虫.
童謡で歌われるが意外と目にする機会は少なく,私はこれまで野外で見たことがなく鳴き声が精いっぱいだった.
この度,鳴かない♀,しかも片足を失った個体だったが初めてお会いできて感動した.

グループによっては図鑑に載っていない虫を見かけることも多くなったが,どんな図鑑にも載っている虫というのは意外とコンプリートが難しい.様々な要因があるが,大抵は真面目に探していないことに原因がある.
このエントリーをはてなブックマークに追加

29
実習先の柿の木の枝に刺さった物。よく見ると翅が生えてて、足らしいものも基部だけ残っている。
モズのはやにえ。モズが捕まえた餌を一時的に保管するためだとかそこに固定して食べるためだとかいろいろ目的があった気がする。鳥は全然わかりません…。
刺されっぱなしでほとんど食べられなかった生き物もいるようで、なんだか死に損のようで嫌だ…。ともあれ、今回の被害者はバッタらしい。頭部と腹部がわりと綺麗になくなっているのでちゃんと食べてもらえたようだ。
有名だが、目にしたのは今回が初めて。こういう機会でもなければ見ることもなかっただろう。農場のような環境にも、いろんな生き物が生きてその営みを繰り広げているんだなと感じる。

あと、後ろの彼にはどの枝を剪定すればいいかなど作業をほぼ任せてしまった。本当にありがとうございました…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

27
タイワントビナナフシ(Sipyloidea sipylus)。茶色くて長いゴボウのような虫。匂いもゴボウみたいらしい。
後翅は薄いピンクで綺麗。
36
幼い頃VHSでタイワントビナナフシの飛翔を見てからずっと好きだった。意外にも初採集で、結構嬉しかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は朝からカワラバッタを採りに友人と二人サイクリング。
1時間ほどとばすと目的の河原へ到着。適度な大きさの石が転がっており、いそうな雰囲気。
少し歩いてみると…手前から奥に青と黒の物体が飛んでいった。
間違いない。カワラバッタだ。クルマバッタの翅の黄色い部分を青にしたような感じ。

それはそれは感動した。憧れの昆虫のひとつだった彼らが、今自分の目の前にいる。
しかしその感動も最初だけ、あまりに多いのでその後は無言で採集に集中してしまっていた。
でも家に帰って観察してみると、やはり綺麗で好きな昆虫には変わりはなく、しばらく眺めていた。
河原でも思ったが、カワラバッタが鳴くことを知らなかったのでジリジリ鳴いたのを聞いて驚いた。IMG_2792
今回はろくな写真を撮ることができなかったので、次回採集に行く際はいい写真を撮りたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ