邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ・ハチ)を中心に,たまにしょうもない趣味を綴っていく日記. 恥ずかしく読みにくい文章で申し訳ございません.コメントやリンク大歓迎です (リンクの際はご一報ください).画像の無断転載はお控えください.当ブログの管理人および記事に登場する人物は実在の人物とは基本的に無関係です.当ブログの運営に関する諸々のご意見は,ブログ内でのみ受け付けます.ご了承ください.

現在、自己採集した日本産アリ類(2014~)は174種(雌104種,雄67種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

2018年04月

kumaa
準備も大詰め.
買い物に行ったが,売り場が分からず,店員さんに「W(さん)式ハチボトルってどこにありますか」とお間抜けなことを訊いてしまった.
無事発見し,明後日からW(さん)式ハチボトルデビューを果たせそうだ.
このエントリーをはてなブックマークに追加

端的に言うとここ数年で一番つまらなかった.お酒ばっかり飲んでいると心配されたが,面白くないから美味しいお酒飲む以外ないんでしょ.
既に出来上がったコミュニティーにコミュ障が入っていけるはずもなく,卒業後で一番松山が恋しくなった.

松山に行ったとき,M1の人達で飲みたいなあ.

このエントリーをはてなブックマークに追加

来週月曜からの遠征の準備.単に虫を採るだけではないので,少し荷物が多く,覚えなくてはならないこともある.

下準備をしっかりし,これもやっておけば良かった,とならないように頑張ろう.
このエントリーをはてなブックマークに追加

最低だった.
こうなってはいけなかったのに.自身の意識の低さと能力の低さを恥じた.
毎日が勝負のこの2年間で,こんな調子では来た意味が,生きている意味がない.

兎に角,もうこんなことはしてはならない.
このエントリーをはてなブックマークに追加

週末は大叔母の元に顔を見せに行くのと,タケノコ掘りをしていてこけて手を骨折した祖母のお見舞いも兼ねて祖父の家へ.あんなことがあったのに,作ってくれた昼ご飯は筍ご飯だった(バクバク食べてた).

それは置いておいて.祖父の家には数種のカエデが植えられていて,秋には綺麗な紅葉を見せてくれる.
最近先輩に連れられカエデの花掬いをしてからというものの,カエデ(に集まる虫)への想いが捨てきれず,いいタイミングだったので網を持って庭へ出た.
さすが今年.既にカエデは終わりかけていて,虫はそれほど集まっていない.しかし,掬ってみなければ何も入らない.その日のうちに西区の果てへ帰らなければならないことを考慮し,1時間だけその辺りのカエデを掬いまくった.

なんだかんだ虫は入った.ハバチ,ヒメバチ,コバチ,ヒメハナバチetc…やっぱり春はいい.虫たち(と私)がいきいきしている.一番の成果はとある虫の未記載種だったが,一番嬉しかったのは別の虫だった.
haraguro2
オレンジ地に黒い点々.ハラグロオオテントウ(Callicaria superba).特筆すべきはその大きさで,10mmを越える巨大なテントウムシだ.オオテントウはおろかカメノコテントウすら見たことのない私にとって,こいつが初めての1センチ越えテントウ.思わず声が出た.
そんなに多くない種のようで,そのような珍しい虫が採れたことも嬉しかったし,祖父の家の庭という私の原点でもある場所で,いままで何度も何度も虫とりをしたのに見たことすらなかった虫を採れたことが嬉しかった.
haraguro
嬉しくて何枚も写真を撮っているうちに,愛らしい仕草に心を打たれ,〆るのが惜しくなってしまった.こんな虫は久々だった.
彼(彼女?)は丁寧に展足したのち,祖父の家にあるドイツ箱に加わる予定だ.
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ