邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は160種(雌85種,雄45種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

2016年06月

IMG_4728s
お馴染みマナコ…ではなくここじゃあ珍しいテラニシ(P. scabra)。ここでは3頭目。
IMG_4724
お馴染みキイロオオシワアリ(T. nipponense)。
IMG_4732
だるま(D. sauteri)。

いつものとこ。ここのアリ相は次の支部会で発表するつもり。今年中に出したい。
追加の初採集は得られず。ダルマの追加3頭(これまで未採集だったポイントから!)と、ここでは少ないトビケが大量に採れてそこは満足。

IMG_4629 (2)
日当たりのいい公園の、桜の根元に飛ぶ姿。止まってみると赤い腹。
IMG_4631 (2)
ヤドリコハナバチ(Sphecodes sp.)。他のコハナバチに労働寄生するちょっとセコイヤツ。
でも寄生するのも大変そうだから、あまりセコイセコイ言わない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4581
私は幼い頃マルカメムシの激臭にやられたことで陸生のカメムシがどうも苦手になり、昨年までほとんど採集していませんでした。最近はスイーピングを始めるようになったことから気にしなくなりましたが、それでもやはりまだ苦手意識はぬぐいきれません…。
でも!でもこのカメムシはとっても良い虫だと思います。
アカスジキンカメムシ(Poecilocoris lewisi)。発達した小盾板によってまるで甲虫のように見える。美しい緑色にピンクのライン。ん~綺麗な虫です。

カメムシもいいものです。これからちゃんと採るようにしなければ…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はいろいろなイベントや研究で忙しく、のんびりしている暇があまりないのですが、わずかな時間を見つけて採集に行っています。けっこう行ってます。

昨日は昼間の時間を利用し、友人と近場に採集へ。
IMG_4676
クロナガアリ(Messor aciculatus)。春と秋に植物の種子をせっせと集めるアリ。夏は地下で涼んでいるものと思っていたのでこの時期に見られたのはちょっと意外。あんまり採らないだけで普通にいるのかもしれない。
IMG_4673
IMG_4672
大きなエンマムシ。ツヤツヤで漆黒の体に周りの木々や空が映っている。大腮がかっこいい。

網を持つようになりスイープがメインになっても、やっぱり下を見てしまう。見てると見つかるものもある。
IMG_4671w
アリバチ。アリバチ好きの後輩に見せたところ、フタホシアリバチ(Trogaspidia pustulata)とのこと。分かる人がいるとすごく助かる。これまで人生で3頭アリバチを捕まえたが、全部違う種類だ。
IMG_4670a
アリバチとか一部のGelisみたいな地上徘徊性のハチって偶然見つける他に採集方法がないので、なかなか数が集まらない。採れると嬉しい。

今回のポイントは今まで行ったことのなかった場所で、まだまだ通えばいいものが見られそう。フィールド開拓はすごくワクワクする。

IMG_4537s
クビアカトラカミキリ(Xylotrechus rufilius)。ドラマでの発言から謎の知名度上昇を果たした。
私はカミキリではトラカミキリが一番好きなので(詳しかったり積極的に狙ったりはしないけれど)、採れて嬉しかった。これを捕まえた土場ではハチを狙っていたのだが、結局膜翅目はナガコバチが一つ採れただけだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ