1号 1953
宮本正一 ヒラタドロムシとクシヒゲナガハナノミの幼虫 3
宮本正一 ヒラタドロムシとクシヒゲナガハナノミの蛹 3
三宅義一 玉を転がす?オオセンチコガネ 3
白水隆 2年目に羽化したツマキチョウ 3
鳥潟恒雄 クロゴキブリ小鳥の雛を食う 4
鳥潟恒雄 キンバエ花上に産卵す 4

2号 1953
松沢寛 モンシロチョウの発育速度と十字科蔬菜 6
松沢寛 サルの食う昆虫類 6
松沢寛・金丸誠二・中尾景吉 九州本土における奄美ウラナミシジミ・ベニモンコノハの新産地 6
宮本正一 半水生半翅類の卵態越冬 6-7
鳥潟恒雄 チビヒゲナガハナノミの幼虫 7
安松京三 トビイロシリアゲアリの悲劇 7
安松京三 ネギアザミウマの食物 7
安松京三 マメガムシガタコガネを採る 7-8
江崎悌三 サシチョウバエの九州での発見 8

3号 1954
宮本正一 ベニクチブトカメムシの食性 10
安松京三 タカチホヒメベッコウの獲物 10
横山淳夫 薩摩半島に伝播するキオビエダシャク 10
福田浩 ツマスジトガリホソガの食性に就て 10
黒佐和義 タンゴヒラタゴミムシの生態 11
黒佐和義 ハリサシガメの周年経過 11
日高輝展 本邦初記録のナガカメムシの1種に就いて 11

4号 1954
高橋三雄 タカチホヒメベッコウの獲物追加 14
江崎悌三 アメリカミズアブの分布 14
宮本正一 ガムシ類の発音 14-15
宮本正一 クロモンサシガメの獲物とその捕り方 15
行徳直己 アシマダラサシガメを朽木より採る 15
甲斐重徳 アオムシコマユバチの生存日数について 15
松田勝毅 ヤマトキモンハナカミキリの一習性に就いて 15-16
平嶋義宏 ヒラタクロタマゴバチを奄美大島にて採集す 16

5号 1955
鳥潟恒雄 キマエコノハ別府に産す 19
鳥潟恒雄 ハマダラミギワバエ温泉に産す 19
渡部昭市 長角象虫科2種の新産地 19
三宅義一 台湾産オオシマトラハナムグリの亜種名 19
三宅義一 オオキノコムシ九州に産す 19-20

6号 1955
三宅義一 筑後のヒメハルゼミについて 21
三宅義一 ツノクロツヤムシ幼虫の発音機構と哺育について 21
宮本正一 ツチカメムシの交尾姿勢 21-22
宮本正一 セミの異属間交尾の1例 22
宮本正一 シブオナガコマユバチを熊渡山にて採る 22
宮本正一 タマカメムシ高良山に多産 22
宮本正一 ウミミズカメムシ九州沿岸に発見さる 23
宮本正一 サシガメ類における幼虫越冬 23
宮本正一 ツチカメムシの臭腺分泌液 23
宮本正一 ツチカメムシの食性 23-24
宮本正一 九州から珍らしいトンボ3種 24
平嶋義宏・野原啓吾 クロヤマアリの集団フクラスズメの幼虫を襲う 24

7号 1955
安松京三 クロヤマアリの転居 26-27
永富昭 ツマグロヒゲボソムシヒキを鹿児島で採集す 27
宮本正一 マツモムシの後胸腺の臭気 27
宮本正一 ホソクロナガカメムシ甲虫を食う 27
宮本正一 昆虫相回復の一例 28
中尾舜一 アメンボ集団個体間の優劣関係について 28

8号 1956
中尾舜一・緒方一喜 アカザモグリハナバエの発生回数に就いての一知見 29-30
日高輝展 シラホシカメムシの異常食性 30
日高輝展 アオモンカメムシの生活史 30
日高輝展 ダイコンアブラムシの大群飛 31
日高輝展 Disogmus affissae Watanabeの分布及び寄主の追加 31
松沢寛 オオワタコナカイガラムシの珍らしい越冬の一例 31-32

9号 1956
鳥潟恒雄 タケウチトゲアワフキ別府に多産す 34
鳥潟恒雄 クルミハムシ別府に産す 34
武谷直 クルミグンバイ(改称)九州に産す 34
森本桂 クモゾウ類大顎の運動方向 35
中村正直 Pygopteryx suava Staudingerの所属 35
中村正直 アオヤマキリガの新産地 35
黒子浩 オオヒトリモドキ鹿児島に産す 35
宮本正一 雌雄で臭いのちがうルリクチブトカメムシ 35
宮本正一 久留米のナゴヤサナエ 36
平嶋義宏 クロイワアギトアリの由来 36
日高輝展 学名の訂正 36

10号 1956
中村正直 ヨトウガ幼虫の雑食性の一例 37
中村正直 フタクロボシヒロバキバガの食草 37
黒子浩 ケブカヒゲナガの生態断片 37-38
日高輝展 ノコギリカメムシの一奇観 38
佐谷隆 筑豊地方の珍蛾について 38
三宅義一 四国産コブスジコガネ2種の新産地 38-39
三宅義一 ハラグロオオテントウの食餌転換 39
三宅義一 キョウトアオハナムグリ九州本島に産す 39
宮本正一 クロモンサシガメも処女生殖が可能か? 39
宮本正一 ヒメクロカメムシの生活史 39-40
宮本正一 ハルゼミの鳴き終りとニイニイゼミの鳴き始めの時期 40
宮本正一 クマゼミ Cryptotympana japonensis Kato とアブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata Motschulsky の交尾を再び見る 40

11号 1957
原著なし

12号 1957
原著なし

13号 1957
原著なし

14号 1957
原著なし

15号 1957
原著なし

16号 1957
宮本正一 セグロツノカメムシの哺育性と産卵数 62-63
宮本正一 成態越冬もするトノサマバッタ 63
宮本正一 エグリヒメカゲロウ四国及び本州に分布す 63
宮本正一・日高輝展 アシブトメミズムシ九州本土で発見さる 63
日高輝展 フタモンチャイロナガカメムシ(新称)の食草と生態寸見 63-64
行徳直巳 アカスジキンカメの生態断片 64
行徳直巳 冬虫夏草菌2種の採集例について 64

17号 1957
黒子浩 故 佐谷隆氏採集の珍蛾 67-68

18号 1958
原著なし

19号 1958
木船悌嗣 フタオビオオハナノミの採集例 74
神谷寛之 接吻するイッシキハマダラバエ 74
尊田望之 薩南における早春のウラナミシジミ 75
守本陸也 Neocolochelyna itoi Takeuchi についての小観察 75
白水隆 キュウシュウツチハンミョウの成虫来集植物と体重の個体変異 75-76
白水隆 沖永良部島の蝶3種 76
宮本正一 室内に侵入して刺すカメムシ数種 76

20号 1958
白水隆 奄美大島産蝶類5種の食餌植物 2-3(78ー79)
黒子浩 オオカマキリモドキと梨の実 3(79)
黒子浩 キイロスズメバチとオオカマキリモドキとヤンマ 3-4(79ー80)
日高輝展 九州産カメムシ分布2題 4(80)

21号 1959
高橋三雄 ヒメガガンボの群飛3例 82
高橋三雄 ムツボシハチモドキハナアブ九州に産す 82
三宅義一 クロマルコガネモドキの蛹 82
宮本正一 クロヒメトガリアナバチ,オカメコオロギを狩る 82-83
宮本正一 チビミズムシの翅の多型について 83
三枝豊平 ヤドリガ類はいつ飛ぶか? 83-84
森本桂 ツツジの花を食害するゾウムシ 84
白水隆 岡部浩洋博士採集の喜界ガ島の蝶 84

22号 1959
原著なし

23号 1959
原著なし

24号 1960
山口明輝 福岡県三郡山のフジミドリシジミ 96

25号 1960
行徳直巳 クロモンヒラタナガゴミムシの一産地 97
行徳直巳 マメハンミョウの食草の1例 97-98
行徳直巳 ナガマキバサシガメ人体を刺す 98
行徳直巳 キイロスズメ タメイモを加害す 98
行徳直巳 ヒメカメノコテントウとヌマガエル 98
神谷寛之 Lampra (Palmar) igneilimbata intermedia 福岡県相ノ島に産す 98
白水隆 福岡県古処山のウラキンシジミ 98-99
日高輝展・河原畑勇 九州のウズラカメムシについて 99
宮本正一 イトアメンボは普通種でなくなっている 99
宮本正一 ナシグンバイの産下卵数の1例 99-100
宮本正一 ミズムシ類の食肉性について 100

26号 1960
黒子浩 彦山の蛾.追加 (I) 103-104

27号 1961
黒子浩 彦山産ヤガ科の1種について 107
池崎善博 キマダラカメムシの新産地 107-108
池崎善博 ハナダカハナアブ長崎に産す 108

28号 1961
宮本正一 マルタンヤンマの群飛 113
宮本正一 家屋に侵入してさすカメムシ2種 113
宮本正一 タイワンオオクモヘリカメムシ九州に産す 113
白水隆 オオハリアリが人をさすこと 113-114
行徳直巳 トンボ2種の産地 114
行徳直巳 予察灯に誘殺された昆虫数種について 114

29号 1962
山口明輝 霧島山彙栗野岳のルーミスシジミ 117
宮本正一 福岡付近におけるチビミズムシとクロチビミズムシ(新称)との分布 117-118
宮本正一 クモを狩るオドリバエ 118
白水隆 福岡市周辺のムカシトンボ新産地 118

30号 1962
神谷寛之 オオフタホシテントウ男女群島に産す 121
神谷寛之・井手定雄 九重山でクロスジチャイロテントウ 121
中筋房夫・中西明徳 佐多岬のハマゴウハムシ 121
笹川満広 ツマグロヒメキノコバエ九州に産す 121
笹川満広 トワダオオカの分布 121
白水隆 ルリシジミの1食草 121-122
白水隆 ヒメカギバアオシャクの食草 122
白水隆 グンバイムシ科2種の食草 122

31号 196
白水隆 ムカシトンボ熊渡山にも産す 123
白水隆 キマダラツマキリエダシャク九州に産す 123
白水隆 九重山におけるヘリグロチャバネセセリとスジグロチャバネセセリのすみ分け 123-124
三宅義一 イシガケチョウ奄美大島でガジュマルを食す 124
長金治 大分県日田市でヒメハルゼミを採集 124
田中学・井上晃一 キアシクロヒメテントウムシの生活史 124ー125
三宅義一 邦産マグソコガネ属数種の幼虫について 125
萱島泉 暖地ビート畑におけるクモの活動と昆虫との関係 125-126
秦野多喜生 アキマドボタルの生態観察 126

32号 1963
尊田望之 輸入植物検査で発見されるマダラメイガ数種 130

33号 1963
白水隆 タマムシ科2種の寄主植物 132
白水隆 アゲハチョウの卵を蟻が運ぶこと 132ー133
行徳直巳 柿の新害虫 Euzophera sp. について 133-134

34号 1964
井手定雄 フジミドリシジミの食草 137
井手定雄 久留米市内にアカシジミ,ミズイロオナガシジミ産す 137
井手定雄 スギタニルリシジミ福岡県に産す 137-138
井手定雄 オドリバエ3種の生態 138
白水隆 福岡県八女郡陣床産の蝶類3種 138

35号 1964
白水隆 アイノミドリシジミの卵寄生蜂 141
井手定雄 トサヤドリキバチ 九州に産す 141
横山淳夫・成見和総 ムツホシシロカミキリ佐多周辺に発生 141
白水隆 英彦山のゴマダラチョウとオオムラサキの寄生蜂 142
白水隆 福岡旧市内のミヤマカラスアゲハ 142
白水隆 奄美大島産の珍しい昆虫2種 142

36号 1965
宮本正一 ウンカメクラガメ(新称)の発見 146

37号 1965
原著なし

38号 1966
中尾舜一 シナハマダラカを捕食するクモ 154

39号 1966
原著なし

40号 1966
原著なし

41号 1966
原志免太郎 季節はずれのホタル(第1報) 166
矢野宏二 武谷直博士採集の屋久島産トリバガ科 166

42号 1967
宮本正一 グンバイムシの刺傷例 170
宮本正一 マダラカモドキサシガメについて 170

43号 1967
志賀正和 福岡市におけるメスアカムラサキの1採集例 174
宮本正一 九州から新記録のムモンミドリメクラガメ 174

44号 1968
三宅義一 タイワンカブトムシ南大東島に産す 178
宮本正一 ムシヒキアブとその餌となった昆虫の例 178

45号 1968
李昌彦 グンバイムシの越冬と食性の記録 182
三宅義一 キンスジコガネ九州に産す 182

46号 1969
原著なし

47号 1969
原著なし

48号 1970
三枝豊平 オオミノガの秋期羽化について 192-193
三枝豊平 ミノガの麻酔交配について 193-194
三枝豊平 ニホンセセリモドキの新産地 194
上宮健吉 福岡市でアオタテハモドキを採集 194
白水隆 壱岐島より未記録のスジグロカバマダラ 194
嶌洪 オオミドリシジミに寄生するヤドリバエ 194

49号 1971
宮本正一 九州から新しく記録されるウンカ3種とグンバイウンカ2種 197
白水隆 キリシマミドリシジミの遅い採集記録 197
田中章 アブラムシ捕食性タマバエについて 197-198
嶌洪 ブランコヤドリバエの寄主記録 198
嶌洪 ニトベミノガに寄生するヤドリバエ 198
嶌洪 Argyophylax apta novella Mesnil の寄主記録 198

50号 1971
広瀬義躬 夜間におけるハグロトンボ成虫の発音 201
上田恭一郎 ヨツボシゲンセイを阿蘇一護王谷にて採集 201-202
白水隆 アオムシコバチは寄主のどのステージで産卵するか 202
村上陽三 トビイロシリアゲアリが冷凍器を止める 202