recurvidris
カクバラアリ(Recurvidris recurvispinosa)。日本では八重山諸島にのみに分布する、日本に一属一種のアリ。
目立つのは前伸腹節刺。ほとんどのアリが後ろ側へ伸びるのに対してこのアリは一旦伸びた後前側へカールする。
こんな変な特徴のアリは日本のアリでは他に例がない。唯一の存在。また、腹柄節が後腹柄節と融合しているように見え変わった形になっており、これもフタフシアリ亜科にしては面白い。
2mmと小さく人の目で見ると単なるちっちゃなアリに見えるものの中には、こんなにカッコいいアリもいっぱいいる。