IMG_6398
一見普通のアリ、3mm。
IMG_6405
まるで眉のように顔に沿って走る溝。ミゾガシラアリ(Lordomyrma azumai)だ。
この溝、触覚収容溝は他のアリでも見られる形質だが、このアリは特に発達していて、頭部後縁まで続く。
ちなみに、海外の同属の種ではそれほど発達していない種が多く、日本が世界に誇れるアリだと思う。
IMG_6402 (2)
スギ林の林床で一頭のみ発見した。珍しい種類であり、なかなか見つからない。だがアリ研究の進んでいない愛媛県でさえいくつもの記録があったため愛媛県では比較的数が多いのかもしれない。このような面白いアリが近くに生息していると思うとワクワクが止まらない。これで私が愛媛県で採集したアリは50種に達した。