石垣島2日目。今日から一日中採集しまくれる採集ライフの始まりだ!と意気込んだものの…
IMG_4771

なんともいまいちな朝の1ページ。考えててもしょうがないのでさっさと下りて曇り空の中採集へと出かける。
IMG_4779
最初の採集地で道を歩いているとふと目に留まったツートンカラーのアリ。アワテコヌカアリ(Tapinoma melanocephalum)だ。南西諸島では普通に見られる1mm強の小さなアリ。このアリも南国風味たっぷりである。
IMG_4788
ボケてしまった。イシガキモリバッタ(Traulia ornata ishigakiensis)。島によって姿の異なるモリバッタの亜種だ。飛ばずにジャンプばかりだったので悠々捕まえられた。
IMG_4793
コガタカドフシアリ(Myrmecina ryukyuensis)。本土にも生息するカドフシアリ属(Myrmecina)の一種。名前の通り、2.5mm程度と小さかった。この日は篩いによって一頭のみの発見。カドフシアリは好きなアリなので喜んでいたのを思い出す。
IMG_4825
ツヤオオハリアリ(Brachyponera luteipes)。名前の通りオオハリアリ(Brachyponera chinensis)より艶が強く、前伸腹節で見分ける。データベースには稀とあるが、それはないだろうと出発前に感じていた予想は当たっていた。普通種。

正午までゆっくり採集し、私はイエローパン、友人はFITを仕掛けたところで昼ご飯。とんかつ屋だったが、これがもう美味しかった。なぜかタイワントゲアリ(Polyrhachis latona)が店の外を歩いていたので捕まえた。IMG_4831
午後は道沿いをビーティング。全くと言っていいほどしないので、採れる虫が新鮮で楽しくなって夢中で木を叩いていた。捕まえても知識のない私は見たことない虫を見つけると逐一友人に報告に行っていた(でも写真のクワゾウムシ(Episomus mundus)くらいは知ってたぞ)。訊くと、どうやらいいカミキリも採れていたようで満足満足。アリ屋としては樹上性のアリ(CrematogasterCamponotus)が採れるのでその点も新鮮だった。フタイロヒメアリ(Monomorium floricola)には逃げられた。あの子小さすぎ。
この後少し水生昆虫を採り、夕飯を食べて一日が終了。一日中採集をしてヘトヘトになりながらも充実さを噛みしめてぐっすりと眠った。次の日の朝ああなっているとも知らずに…。