邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は162種(雌86種,雄48種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

IMG_2132
体を伸ばして前脚をちょこんと置いてハチミツ(水割り)を飲むアシナガアリ。
可愛い。すごくかわいい、左の方に卵が三つくらいある。

にしても可愛い。アリはかっこよさと可愛さを持つから最高だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2126
コクワガタかわいい。松山もなかなか自然の残ったいい場所だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今までクワガタの幼虫の幼虫というのはとれて10頭くらい、20頭くらいとれたときは「おお~すごいな~!」と喜んでいた(小学生時代)。
IMG_2112
なんだろうこれは。壁から見えてたのは10頭くらいだったから15個しか菌糸ビンがないんだけど。
IMG_2115
この堂々とした顔。子供たちを前に父親の威厳を見せつけているようだ。私のように子孫を残せない愚かな人間を見下しているようにも思える(?)。
恐る恐る土を割って幼虫を探すが、まあ出てくる出てくる。材にはまったく産卵していないように思えた。
割ると2頭がこんにちはしていることも珍しくなかった。
結果。
IMG_2122
!?!!!?!?!?!?!??!?!?!?!?!????!??????
トカラノコギリのお母さんはもうバラバラになっていたけど、お母さんありがとう。でもちょっと多いかな。
全部で46頭。意味不明である。これらを育てて通販で売る仕事でも始めるつもりであろうか私は。
何か特別なことをしたか?していない。普通にセットを組んで雄雌を放り込んだだけだ。餌交換もだいぶ怠けた。
ヤフオクに出して小銭を稼げるレベルである。
結局クワガタ屋の友人に10~15頭育ててもらうことにし、残りをなんとか育てることに決めた。
アリ屋なのにクワガタの方がうまくいっているってソレどうなんだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

山を散策し、森林についてのお勉強をすることに。
あんまり植物に興味のない私は、ひたすら地面を観察しアリがいないかを探す。
ほどなくしてクサアリモドキの脱翅雌と雄を発見した。脱翅雌はもういいが雄は初めてだったので捕獲。
その後歩いてアオキやらクリやらヤブツバキやらの説明を聞いていたとき、友人の足元になにやら動くものが…
IMG_2108 (2)
これはもう自宅に帰ってきてから撮ったものだが。
アシナガアリの女王を見たのは初めてなので、少し嬉しかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1993
小学3年生の頃、初めてみた大型の水生昆虫がミズカマキリだった。それまで私は水生昆虫といえばヤゴ、川虫、アメンボ、かろうじてハイイロゲンゴロウしかなく、これを見つけたときは狂喜乱舞したものだ。
今でこそ普通種と知り採集に出かけて見つけてもあっそ、ぐらいになってしまった存在だが、このフォルム、捕食シーンは今見てもかっこいいと思う。
カマキリ、カマバエ、カマキリモドキ、そしてミズカマキリ。相談したわけでもないのに違った目の昆虫の前脚が他の生物を捕獲するために似たような形に進化したというのは非常に興味深い(カマバチはまた全然違ってかっこいい)。
思えばこれらの昆虫、すべて私の好みである。つまり私はカマを持った昆虫が好きなのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ