邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は162種(雌86種,雄48種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

ケブカアメイロアリ(Nylanderia amia)はたくさん生える剛毛が特徴的なアリで,沖縄では普通に見られる.
Nylanderia amia
動きを見ても南のアリ感が強いが,本土でも記録されていて,特に2010年代以降の記録が目立つ.四国では未記録だが,いつ見つかってもおかしくないのでメモ用に本土部(一部離島含む)の文献記録をまとめておく.
IMG_7268s
※記録が多い地域(というか鹿児島)は全部は拾っていません.余裕があれば持っている限り拾います.細かい日付や採集地について言及がない場合(学研の塗り絵など)は後ろに*をつけてます.
東日本はもっと古いものや引用しやすいものなど抜けがあるかもしれません.西の民なのでご了承ください.

東京都(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 東京港(環境省自然環境局,2011; 矢澤,2016;Sakamoto et al., 2016;環境省,2017)
 
神奈川県(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 横浜港(環境省自然環境局,2010,2011)

静岡県(寺山ほか,2014*)

愛知県(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 名古屋市(文献見つけられず)

京都府
 京都市伏見区(中嶋ほか,2013;中嶋ほか,2013;中嶋ほか,2016)

大阪府(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 大阪城公園(増井,2016)
 大阪港(環境省自然環境局,2011)

兵庫県(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 芦屋市(増井,2014)

広島県(寺山ほか,1994*;寺山・木原,1994*;JADG, 2003*;寺山,2009*)
 広島市(寺山ほか,2014*)
  平和大通り(頭山,1996)
  安佐南区八木(亀山・中村,2011)
  東区光町(亀山,2003)
  東区戸坂安芸大橋(亀山・中村,2011)
  西区福島町(亀山・中村,2011)
  南区元宇品(亀山・池永,2012)

山口県(寺山,2009*;寺山ほか,2014*)
 岩国市(辻,2018)
 柳井市(辻,2018)
 光市(辻,2018)
 周南市(辻,2018)
 宇部市(辻,2018)

福岡県(JADG, 2003*; 寺山ほか,2014*)
 北九州港(環境省自然環境局,2011)
 博多港(環境省自然環境局,2011;原田ほか,2017)

宮崎県
 宮崎市(那須,2008)※こちらは未見です

鹿児島県(寺山ほか,1994*;寺山・木原,1994*;JADG, 2003*)
 鹿児島市(寺山ほか,2014*)
 串木野港(原田ほか,2013)
 鹿児島港(原田ほか,2013)
 谷山港(原田ほか,2013)
 枕崎港(原田ほか,2013)
 山川港(原田ほか,2013)
 桜島(藤田ほか,2017)
 神造島(金井ほか,2013)
 屋久島(JADG, 2003*; 細石ほか,2009;原田ほか,2013)
 種子島(原田ほか,2013)

本土の記録は
関東1都1県,東海2県,近畿2府1県,中国2県,九州3県の計12都府県.
他にもご存知の方がいらっしゃいましたらご教示くださると幸いです.


○引用文献
藤田祥帆・佐々木菜緒・下園 桜・原田 豊,2017.桜島溶岩地帯のアリ― 遷移にともなうアリ群集の変化―.Nature of Kagoshima,43: 287-294.
原田 豊・藤田祥帆・田神沙羅,2017.九州北部の港のアリ―外来アリのモニタリング―.日本生物地理学会会報,71: 39-46.
原田 豊・福倉大輔・栗巣 連・山根正気,2013.港のアリ―外来アリのモニタリング―.日本生物地理学会会報,68: 29-40.
亀山 剛,2003.広島県アリ類分布資料(1).比婆科学博物館研究報告,(42): 65-73.
亀山 剛・池永宣弘,2012.広島県アリ類分布資料(2).比婆科学博物館研究報告,(53): 59-64.
亀山 剛・中村慎吾,2011.広島県太田川の昆虫類 2007年の調査結果.比婆科学博物館研究報告,(52): 45-203.
金井賢一・福元正範・榊 俊輔・東 哲治・藤崎琢郎・竹 浩一・南田いずみ,2013.2012 年8 月霧島市神造島(辺田小島・弁天島)の昆虫調査.Nature of Kagoshima,39: 99-103.
環境省, 2017. 特定外来生物の重点的防除対策のための手法開発.環境省環境研究総合推進費終了研究等成果報告書,117 pp.
環境省自然環境局,2010.平成21年度外来生物問題調査検討業務報告書,119pp.
環境省自然環境局,2011.平成22年度外来生物問題調査検討業務報告書,162pp.
増井啓治,2014.芦屋市の街区公園におけるアリ類.Humans and Nature, 25: 99-104.
増井啓治,2016.大阪城公園のアリ相.Nature Study, 62 (1): 2-4.
中嶋智子・分銅絵美・片山哲郎・関 誠一・横田 景・福浦祐介・越智広志・山田一成・原田克也,2016.3種類のトラップ法による京都府保健環境研究所構内のアリ種リスト.京都府保険環境研究所年報,61: 46-52.
中嶋智子・関 誠一・片山哲郎・鵜鷹圭三・川原崎功・越智広志,2013.保健環境研究所構内のアリ種リスト.京都府保険環境研究所年報,58: 47-50.
中嶋智子・関 誠一・鵜鷹圭三・片山哲郎・川原崎功・越智広志.2013.単位時間調査法を用いたアリ類の定量調査への適用.環動昆,24 (2): 39-50.
那須尚子,2008.宮崎市でケブカアメイロアリを採集.タテハモドキ,44: 31?
日本産アリ類データベース作成グループ(JADG),2003.日本産アリ類全種図鑑.196pp., 学習研究社,東京.
Sakamoto, Y., Mori, H., Ohnishi, H., Imai, H., Kishimoto, T., Toda, M., Kishi, K., Goka, K., 2016. Surveys of the ant faunas at ports of Tokyo Bay and the Ogasawara Islands. Applied Entomology and Zoology, 51: 661-667.
寺山 守,2009.アリハンドブック.80pp., 文一総合出版,東京.
寺山 守・木原 章,1994.日本産アリ類県別分布表.63 pp., 日本蟻類研究会,東京.
寺山 守・久保田敏・江口克之,2014.日本産アリ類図鑑,278pp., 朝倉書店,東京.
寺山 守・緒方一夫・崔 柄文,1994.日本産アリ類都道府県別分布表.蟻,18: 5-17.
頭山昌郁,1996.広島市のアリ類.広島虫の会会報,(35): 5-10.
辻雄介,2018.山口県におけるアリ科の分布調査.豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書,(10): 11-49.
矢澤 佑,2016.小笠原諸島への外来種侵入のリスクに関する研究 東京港におけるアリ類に注目して.世界遺産学研究,1: 86-89.
このエントリーをはてなブックマークに追加

と言っても友人二人を招いて愛媛を満喫するものだった.

元はと言えば卒業旅行行きたいねーという漠然とした願望だけが3人の中にあり,誰かが予定を立ててくれるだろうという思いが3人の中にあり,結局ギリギリになるまで何も決まらなかったので松山に来てもらうことになったのだ.

二人は中学・高校の友人で,高校では同じ部活に所属していた.二人とも入学から卒業まで成績がvery very優秀で,レベルの高い国立大学へと進んだ.仲が良かったことと彼らが地元の大学に進学したことから長期の休みにはよく遊び,半年以上顔を見なかった期間はないといって良い.
片方は9月にうちにお招きしたが,もう片一方が松山,愛媛,四国に未踏ということで,せっかくだから最後の機会にと呼んだ次第だった.

初日はお客さん案内コースで松山城,道後温泉を巡りお酒を飲みつつワイワイ.二日目は車でしまなみ海道へ向かい,は・か・た・の・し・お!でお馴染みの伯方島とタオルの今治市,伊予市の有名な観光スポットをまわってなんとか1泊2日ツアーを終えた.なんだかんだ自分が行ったことのない場所や食べたことのなかった郷土料理を食べることができたので,普通に旅行した気分だった.
自分のポンコツ具合で何度も予定が狂ってしまったのが本当に申し訳なかった.春からはもっと遊べる時間が増えるので,今回の埋め合わせをしたい.

以下伯方島で見た生きもの.春の息吹を感じ,もう虫が歩いてる!ちょうちょが飛んでる!と大はしゃぎだった.
hanekakusi3
ハネカクシ.
Oome
オオメカメムシ系.
Tetramorium tsushimae-kaigan
トビシワ~.
Isofusa
Isofusa2
イソフサヤスデ(Eudigraphis takakuwai nigricans)かな.普段見るトロいフサヤスデと違って猛スピード(当社比)でわさわさ~っ!と歩いていた.
このエントリーをはてなブックマークに追加

コマユもいろんな形の人たちがいる.
Alysiinae
Doryctinae
Euphorinaekamo
Macrocentrinae
Rogadinae
ヒメバチをメインにしてスウィープしてるのもあるが,どんなにヘナチョコな振りをしても入ってくれるサムライコマユと他数名を除くとそんなにいっぱい採れない.
勉強不足で亜科すらまともに同定できないので,今年こそ常識として身につけたい.
このエントリーをはてなブックマークに追加

卒論発表があった.発表慣れしていない人もいるだろうけど,皆自信を持って発表していた.


夜は追いコン.ついに追い出される側になってしまった.程よくお酒がまわってとても楽しめた.
先生方がつけ麺屋へ向かうのを見届け先輩と二人海鮮系のお店へ.安くておいしかったし,いろいろ話せた(普段からいっぱい話してるけど).

帰り道に後輩が居酒屋へ歩いて行くのを発見.先輩はついていったが,私は頭が痛かったので帰宅.
いろいろあった一日だった.
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒメバチは多様だ.
Brachycyrtus nawaii
見ていて飽きないし,何度も採集に出かけた場所でもいくらでも初採集種が出る.
Ctenopelmatinae
しかし,そのほとんどが"見るだけ"で終わってしまうのが歯がゆい.
Diplazontinae
自分の力量不足が一番だが,他にもいろいろあって種まで同定できるのはほんの一握り,いや一つまみだ.
Astiphromma wasureta
間違いなく未記録だ,間違いなく未記載だ,と分かってはいても,それを証明するのには莫大な時間と労力がかかってしまう.
Orthocentrinae
少しでもお力になりたいが,これまた自分の力が不足していて足を引っ張ってしまっている.とりあえず,ひとつ.頑張ろう.
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ