邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は160種(雌85種,雄45種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

最近はツルグレンで落ちる微小甲虫にも興味が向いてきて、たまに調べている。
これらは小さい故に万人の興味をひかないらしく、採集されないか、採集されても特にコメントがないようで、ブログで載せている方をあまり見かけない。
天下の甲虫にも関わらず調べてもなかなかネット上に画像がなく、記録も少ないみたい(でも本州とか四国とか九州とか、その単位では採れているものが多いことにびっくりする)。記載を当たってもよく分からないのは私の努力不足だが、少しでも材料が転がってる方がいいかな、と思い載せていこうかなと思う。
門外漢ということもあり間違いを犯している可能性が十二分に考えられるので、間違っている場合はご指摘をいただけると非常にありがたいです。
arizuka1
リターの定番アリヅカムシ。でもこれは初めて見たヤツ。前脚に生えた2本のトゲがカッコいい。何に使うんだろ。
philoscotus sp
オチバアリヅカムシの一種(Philoscotus sp.)。愛媛からは5種が記録されている。眼はどこだろう。大腮が鋭くかっこいい。
kokemushi
これもよく見るコケムシ。大きさが違うけど見た目はそっくり(ここから見ただけだと)。コケムシはヒメコケムシ属(Euconnus)とムナビロコケムシの仲間のCephenniini族しか採ったことないと思う。というか大体ルイスヒメコケムシ(Euconnus lewisii)ということを最近知った(先生ありがとうございます)。
Lathridiidae sp,jpg
たぶんヒメマキムシ。この仲間は木のイメージが強いけど、先日シフティングでも採れた。
mukugekisui
ムクゲキスイの一種?今年になって初めて出会った虫。ハスモンムクゲキスイ(Biphyllus rufopictus)という普通種をスイープで採ったが、これはそれとは違う種類っぽい。クリイロ(B. throscoides)かな?

採れると気になるのは当然のこと。あまり時間をかけてはいられないけど、趣味にしておくにはちょうど良さそうだ。
興味を持ったからには種類まで落とせるようになりたいが、その前に科までは分かるようにしておきたいな…(どの分類群もだけど)
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学に4年近く通っていて、初めてのミスを犯してしまった。周りでやらかしていた人は度々見かけたが、まさか自分が…。
これだけは今まで一度もしたことがない、と自信を持ってきたのだが、本当に間が抜けていた。なんと情けない…。

しかし、今回はご温情によりなんとか事なきを得た。
常日頃より、 捨てる神あれば更に捨てる神あり と思って過ごしていたが、世の中にはまだ拾う神がおられたようだ。
今後一切このようなことがないようにしなければ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私はアリが好きで、集めていることはこのブログを読まれている方は当然ご存知だと思います(アリ以外の話題すごく少ないしね)。また、ハチについて調べていることから普段からアリ以外のハチの仲間も採るのですが、なんの因果かアリと名前のつくハチによく縁があります。
和名にアリの名を冠すハチは、アリバチ、アリバチモドキ(今日ではアリバチ科に入っています)、アリガタバチ、アリモドキバチ、シロアリモドキヤドリバチ、アリヤドリバチ、アリヤドリコバチ、アリヤドリコマユバチがいます。偉そうに縁があると書いておきながらアリヤドリコバチとアリヤドリコマユバチとシロアリモドキヤドリバチは捕まえたことがありませんが(後ろ2つは珍しいから許してください)、他は一通り採っていて、なおかつ結構採集したハチの中で割合が高いような気がします。書き進めていてそうでもない気がしてきました。

世に数多あるアリと名前のつくハチの中で、極めつけに変わったハチはアリモドキバチ(Embolemidae)でしょう。
アリモドキバチはセイボウ上科に属するハチで、地中性のウンカに寄生します。ウンカの脇腹にくっついた幼虫は、同上科で同じようにウンカに寄生するカマバチの仲間と似たように見えます。
メスはアリのように無翅のものもいて、飛べないような小さな翅を持つだけのものもいます。また地下で生活を送るためか複眼が退化傾向にあります。大きさもちょうど小型~中型のアリと同じくらいで、これを一瞬見ただけだとアリに見えるかもしれません。私は生きたものを見たことがないので想像ですが。

対してオスは有翅で、目も大きいです。頭がメスと同様洋ナシ型をしていること以外は、普通のハチじゃん、って感じがします。
emboke os
オスはマレーゼトラップやスウィ―ピングでよく得られるようで、私も毎年たくさんのアリモドキバチを捕まえています。見た目はコマユバチかハエヤドリクロバチに少し似ていますが、動きがやたら俊敏で、網の中で動いている姿を見ただけですぐにアリモドキバチだな、と分かります。
embole osu
日本には7種が住んでいて、その性別が見つかっているものでは種類を調べることもできます。
しかし、オスの場合は交尾器を見る必要があり、種類を調べるだけでも少し面倒です。
触角の長さの比で同定できるという検索表もあったので写真では柄節の長さ(赤棒)と鞭節第1節の長さを比較してみましたが、これだけでははっきりと区別はできないようです。
embole osu2
embole osu3
角度の関係もありますが、一番上の個体と下2つは触角の比率は違いそうです。ちなみに、一採集地において、一番上のように鞭節第1節が柄節の2.5~3倍ほどの個体が9割ほどを占めました。余裕があれば交尾器も見てみたいところです。

アリモドキバチは最初発見されたときクシケアリ(Myrmica)の巣から見つかったことから、好蟻性ではないかと言われていました。今日では否定されていますが、アリと関わりがあるように思われていたことや、なぜかよく採れることなど、なんとなく縁を感じてしまうことがあります。いつかメスを見てみたいものです。ツルグレンやチビゴミ掘りを続けていれば、珍なアリとともにひょこっと現れてくれそうな気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

クシケアリの巣を求めて高い高い山へ登ったときのこと。
クシケ、いないかなぁ、と石をひっくり返しながら登山客に怪しまれながら歩いていく。
薄暗く、少し湿った斜面に大きな石が二つあった。これは何かいるぞ…期待を膨らませてよっこいしょ。
めくった瞬間に飛び込んできたのは、

アシナガアリ(Aphaenogaster famelica)。外れだ…がっかりして石を戻そうとしたとき、視界の隅に黄色い煌めきが見えた。
ん?よく見るとけっこういる。そして、アシナガアリと揉めている。
これは…!
IMG_0509
黄色いケアリだ!この仲間は土中営巣種とされているが、これまで友人が朽木中から捕まえたヒメキイロケアリ(Lasius talpa)、昨年この山を訪れた際にリター中から一頭だけ見つけたミナミキイロケアリ(L. sonobei)など、どれも土の中に巣があるという実感を得られなかった。しかし、今回は土の中からわらわら出てくる。まさに土中営巣。そしてコロニーということは…これは期待できるぞ。
IMG_0508
アシナガアリと揉める黄色いケアリ。複数種のアリが同じ石の下にコロニーを作っていることはけっこうあるが、なぜかその時点ではうまく付き合えている。人間によって石を取り去られると、隣人関係が崩壊してしまう。不思議な光景だ。

リターを掬う用のスコップで土を掘っていく。本来の用途で使われてスコップも嬉しそう。
そういえば、ひっくり返した石の隣にもう一個大きめの石がある。少し深めに刺さっている。抜こう。
IMG_0511
やった!あたり!黄色い煌めきがあちこちに。
よく見ると、羽っぽいものが見える。これはもしや…
IMG_0512
やった~!羽アリゲット!そういえば、黄色い系のケアリは秋に飛ぶんだっけ。雄も雌も大漁だ。
いくつか100%エタノールに入れ、DNAを調べる用も確保。あとは好きに吸い込んでいく。
IMG_0505
さぁ、同定だ。見る限り立毛は殆どなくて、光を当てると伏毛でキラキラしている。ヒメではないな。
あとは複眼の大きさだが、これはその場では確認できなかった。大きめのキイロケアリ(L. flavus)も結構小さい。
観察して写真を撮るのが楽しみだ。

※追記
ミナミキイロケアリ(L. sonobei)だった。キイロケ(L. flavus)でなかったのが残念だったが、コロニー採集できたことを考えるとかえってよかったかもしれない。
かつて対馬で採集した女王と見比べて、同定ができるかもしれない。答え合わせはワクワクする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

aritake
ムネアカオオアリ(Camponotus obscuripes)の首筋からニョキっと伸びているものがある。恐らくアリタケの何かだろう。
この菌類は日本ではムネアカオオアリを寄主としているのをよく見かける。山地に多いアリなら他にもいるだろうに。そういえば、アシナガアリ(Aphaenogaster famelica)の女王に寄生している菌類は一度見かけたなあ。種類が違ってそうだが、寄主特異性があるのだろうか。

この個体は木にがっちり食いついていて、なかなか離れなかった。寄主操作されたいたのだろう。
ところでこの個体、前胸が黒っぽく見えるが、そういえばこの山にはニシムネアカオオアリ(C. hemichlaena)も生息していることが知られている。大型ワーカーでもないし、こやつがどっちだったかはこの状態では判断するのは難しそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ