邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は160種(雌85種,雄45種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

ご覧ください.
160spp
これまでに採集したアリの種数が,160種に到達しました.
なんとも微妙な区切りですが,ここから10種増やすまでに1年以上かかってしまいました.
150種を採集してから西表,神戸,秋田,高松とこれまで採集に行ったことのなかった地域に行きましたが,なかなか増やせませんでした…….
アリを採ることに苦言を呈されたこともありましたし,採集しかできないのに採集もできないのか…と悩んだ日もありましたが,アリは裏切りませんでした.

160種目は150種目と近い仲間で,憧れでもあったアリで決めることができました.
この種のゲットは採集に同行していただいた方のお力あってのもので,釣り堀採集でしたが自己採だから問題ナシ!
本当にありがとうございました.この場を借りて御礼申し上げます.
オスもメスもだいぶ増え,グループによってはオス,メスの検索表が作れるものも出てきました.
分類屋として,自分に出来ることでアプローチしていきたいです.
今後も採集頑張ります.
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続きです.無駄な話が多いですが,よろしければ.

さて,トフシアリ(以下トフシ)とキイロヒメアリ(以下キイヒメ)は,前回書いたようにそれぞれトフシアリ属(Solenopsis)とヒメアリ属(Monomorium)と異なる属に属しています.
Solenopsis japonica解説用
両属の大きな違いは,触角先端棍棒部(膨らんだ部分)の節数の違いです.Solenopsisが2節,Monomoriumが3節です.そもそも触角の節数がそれぞれ10節,12節と異なります.
Monomorium triviale解説用
これだけでスパッと分けられるのですが,棍棒部の節数は慣れていないと何節か判断しにくいものです.アリを見慣れていないとどこまでが棍棒部ですか?という問題が発生します.検索表は無駄が省かれている故に専門外の人が持つ疑問には答えてくれないこともあります.
そこで,両種の形態を比較して他にも違いを見つけて節数だけに頼らないで済むようにしよう,というのが今回の趣旨です.
tohusikiihime-
左がトフシ,右がキイヒメです.似ていますね.

詳細に見ると別属ということもあり結構違いがあるので,目立つところだけ.
できるだけ他の虫屋さんでも分かるように作ったつもりですが無意識にバイアスがかかっているかもしれないので,分からないぞ,分かりにくいぞ,という場合はコメントやTwitter等でご指摘いただけると幸いです(そもそもアリ屋以外こんなちんけな虫捕まえねえよ!).綺麗なアリですよ.私は好きです.

顕微鏡かルーペ必須です.肉眼でパッと見て判断する方法は分かりません.ご存知の方がいらっしゃいましたらどうかご教示ください……


それでは全身の比較です.
Solenopsis japonica解説用Monomorium triviale解説用
まずおおまかな印象として,トフシの方が暗くキイヒメの方が明るい色をしています.データベースのキイヒメなんかはレモンみたいな色をしています.しかし,これは光の当たり具合や保存状態で変わるので,あくまで目安です.また,両種とも光沢がありますが,トフシは毛深く,キイヒメは毛が少なくツルツルです.トフシが毛深いのは顕微鏡で見るまで分かりませんでした.頭部,胸部,脚,腹柄,腹部に至るまで毛深いです.

次に頭部です.
トフシキイヒメ頭
頭部も他と同じく毛の数は有用です.また輪郭が違いますが,こういうのは並べないと分かりにくいです(とか言う割には"より"を連呼しています,すいません).

一番顕著な触角先端棍棒部の節数の違いです.トフシは2節でキイヒメは3節.この写真では分かりやすいですが,普通に顕微鏡で覗いているとよく分からないときがあります.特にキイヒメ.

複眼の大きさは全体比較のときにも載せますが,先端節の一つ前の節と比較すると分かりやすいです.トフシは明らかに小さく,キイヒメは大きいです.

全身の比較です.
トフシキイヒメ
並べると,トフシは複眼が小さいですね.また,形もトフシは円形に近く,キイヒメは楕円です.形と大きさが頭の片隅に残っていれば片方だけでも分かりそうです.

次に,後胸溝(中胸と後胸・前伸腹節の間の溝,凹み)の入り方です.後胸溝はアリの同定形質としてよく使われるもので,深く切れ込んでえぐれるもの,浅くうっすら切れ込むもの,ほぼ平坦で切れ込みを欠くものなど様々です.これを比較してみると,トフシは小さくちょこっと,キイヒメは大きく広く切れ込んでいます.比べてみて結構違うことに驚きました.

余談ですが,後胸溝はトフシアリ属内の検索で使用されており,南西諸島だけに住む近縁種のオキナワトフシアリ(S. tipuna)はトフシよりも深く切れ込みます.オキナワトフシは胸部の形だけで言うとむしろキイヒメとそっくりです.

話を戻して,この後胸溝を含めた胸部背縁はすごく分かりやすそうです.前胸前縁からラインを引いていって,最初は平坦な道を行っているけれど後胸にゴツンと当たるのがトフシ.グーっと山を越えるように大きくカーブして,一瞬平地があってもう一回山越えするのがキイヒメです.おお,分かりやすい(私にとっては).
トフシキイヒメ
これに関連して,中胸から後胸にかけて云々とよく分からないことが書いてありますが,トフシは胸部があまり高くなく,キイヒメは高いということが言いたかったようです.この両方の線を伸ばしていってできる角を見ると違いはありそうです.たしかミゾガシラアリの論文で使われていました.しかし,先述の後胸溝の切れ込み方も関係するのでいらなかったかもしれません.なぜ前胸ではなく中胸にしたかというと,中胸と後胸の最高点2点を結んで胸部背縁との間にできた隙間の大きさを比較したかったからです.明らかにキイヒメの方が大きいですね.

最後に,腹柄節前面の傾斜の違いです.トフシは柄部からゆるやかに丘部へ向かい,キイヒメは柄部と丘部の境がはっきりとしていて角度があります.また,丘部の長さもトフシは長く,キイヒメはほとんどありません.SolenopsisMonomoriumは腹柄節そっくりだなぁと思っていましたが,比べると意外と違いが出ました.


最後の方は文章ばかりになってしまいましたが,こんな感じです.これでもうトフシアリとキイロヒメアリを間違うことはないはずです.生体や,標本の状態によっては触角の節数を確認するのが困難な場合があります.書いていてほぼアリ屋向けになってしまいましたが,どっちか分からないというとき,もしかするとこれらの形質が役立つことがあるかもしれません.

参考文献
JADG, 2008. 日本産アリ類画像データベース.2017/11/07 アクセス.
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近,とある事情があってキイロヒメアリ(Monomorium triviale)を探している.コロニーを見つけるのは私には至難の業で,ワーカーがちょこちょこ採れるだけでギブアップしてしまう.

先日採集に行った場所ではワーカーがいたのでTwitterにウロコアリたちに混ぜて(他にいいものがいなかったので)投稿したら,コメントをいただいた.
kiihime-
こういう下手な上に紛らわしい写真だった.何にでも見えてしまう気がする.

そのときふと思いつき検索をかけると,トフシアリ(Solenopsis japonica)とキイヒメが混同されている例をいくつか見かけた.確かに両者似ている.属も違うのに.データベースのキイヒメの解説ページでもトフシに似てるよ,と書いてある.私自身,両種が似ていることで不便していた時代があった(今も生態写真じゃ分からないときがある).

リンクにあるように土壌中に見つかる黄色くてちっこいフタフシアリの中で,トフシアリ,キイロヒメアリ,あとヒメオオズアリ(Pheidole pieli)(西南日本に限ると思います)はパッと見よく似ている.この内ヒメオオズは上のリンク先にも書いてあるように歩き方や背格好が違うのでまだいいとして,トフシとキイヒメは似ている.他人の空似だがそっくりだ.
tohusi
これはトフシ.棍棒部が2節かどうか…というのは肉眼では勿論のこと,写真をトリミングしても分からないことが多々ある.

私はちょっと暗い黄褐色だったらトフシ,綺麗な黄色からオレンジだったらキイヒメかな,とその場では判断しているがやはり顕微鏡がないと答えは出せない.

そこで,いい機会だと思って両種を比較してみることにした.後半へ続く(キートン山田風).
このエントリーをはてなブックマークに追加

(21)でロリと書けなくなった22歳.特に何かおめでたいこともない.小さい頃に描いてた理想の大人がどうだったかは忘れてしまった.


頑張ろう.
このエントリーをはてなブックマークに追加

篩いをしているとアリや甲虫だけでなくハチが落ちることがある.
偶然そこにいた,というものもいるだろうが,中にはリター層が生活史と関係あるものもいるだろう.
diapri
ハエヤドリクロバチ科(Diapriidae)の一種.ハエヤドリクロバチは名の通りハエに寄生すると言われており,スウィープでよく採れ,イエローパンやマレーゼにもよく入る,身近なハチだ.
篩いで落ちる個体はリター層にいるハエの幼虫(や蛹?)を探して歩き回っているのだろう,ハチの中では一番よく目にする.余談だが,このグループにはアリに寄生する種がいくつか知られており,日本でも見つかる可能性がある.国内の種に関しては分類は手つかずだが,その内生態も含めて少しでも貢献したいものだ.
hanenashi
hanenashi2
この2つはどちらもヒメバチ.無翅か短翅のヒメバチには,アリのように見えるものもいる.しかし,長い触角をピコピコ動かしているので見間違えることはない.
私の場合,こういうヒメバチは偶然採れることがほとんどだ.こやつらもホストを探して歩き回っているのだと思う.寄生バチに寄生する高次寄生者だったかしら.
nagako
多分ナガコバチ科(Eupelmidae)の一種.アルコールに入れるとイナバウアーのような格好になる(本来のイナバウアーに反る動作はないが).
eupelmidae1
参考画像.Anastatusとかその辺だろうか.なんか翅短い?
落ち葉の下よりも木の幹で見かけることが多い気がする.たまたまそこに居た系だろうか.こういうのが入ることもあるのが篩いの楽しいところ.いろんな虫が採れる.

他にはちっちゃーいヒゲナガクロバチ科(Ceraphronidae)がよく採れる.
ceraphronidae1
これに近い仲間のオオモンクロバチ科(Megaspilidaae)もたまに採れる.タマゴクロバチ科(Scelionidae)もよく見るし,シリボソクロバチ科(Proctotrupidae)も何回か見たことがある.
tamagokuro1
これらのハチについては採った種の生態が分かっていないものかもしれないので,一応Siftingとラベルに付け加えている.役に立つかは分からない.でも,この採集法は生態を想像しやすいし,書かないよりはいいだろう.

篩いは,空を飛び回っている虫が採れなければ派手さもないので心無い人から"つまらない採集"と言われたこともあるが,私は面白さを知っているし,何より楽しいと感じているので一生やめないと思う.目と腰に来たらやめるかも
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ