邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ・ハチ)を中心に,たまにしょうもない趣味を綴っていく日記. 恥ずかしく読みにくい文章で申し訳ございません.コメントやリンク大歓迎です (リンクの際はご一報ください).画像の無断転載はお控えください.当ブログの管理人および記事に登場する人物は実在の人物とは基本的に無関係です.当ブログの運営に関する諸々のご意見は,ブログ内でのみ受け付けます.ご了承ください.

現在、自己採集した日本産アリ類(2014~)は174種(雌104種,雄67種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

サンプリングのため,同期と近所の山に登った.ここには書けない装備で行った.リュックが軽くて楽だった.
bekko2
ベッコウ.写真だけ.
mijinmusi
ミジンムシ.写真を撮り終えて採ろうと思ったら見失ってしまった.よくある.
kumo2
クモも真面目に採らないとな.幼体との区別がつかないので無駄に殺生してしまって申し訳ない.
kanimusi2
カニカニ.
takipo
tamakinoko
いつもの.
arizuka2
全然採れなかった蟻塚.一桁だった.
Ceraphronioidea
翅のない蜂.ヒゲナガクロバチ上科?
koganekobati
koganekobati2
短いけどある蜂.コガネコバチ?
Idris
長いのがある蜂.Idris
gomimusi2
ゴミゴミ.
Ophryomedon crenatus
フチドリツヤケシハネカクシ(Ophryomedon crenatus).好蟻性でオオハリアリの巣からよく採れるが,篩いでもまあまあ採れるので,好蟻性ハネカクシで一番採りやすい種じゃないだろうか.普通種だが,姿はカッコいい.
コケムシ2
コケムシ
コケムシ.赤っぽかった.ムナビロも含めアリヅカより数採れた.

サンプリング対象は,自分は採れなかったが,同行した彼が採ってくれた.有難く研究に利用させていただいた.ありがとう.
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年でだいぶ甲虫にも興味が向いてきたように思える.どこぞの大学にいたからだろう,それは良い成果だったと思う.
どうせ分からないし無理に同定はしてないので分からないが,写真があって損はないだろう.
エグリチイロ
エグリチイロアリヅカムシ(Batrisus pilotus)
ツヤツヤなハヤシケアリの同居人.
Tmesiphorus crassicornis
ヒゲカタアリヅカムシ(Tmesiphorus crassicornis)
ツヤの無いクサアリの同居人.
Aspidobactrus sp
マルムネアリヤドリの一種(Aspidobactrus sp.)
ケアリの巣から見つけた触角の可愛いハネカクシ.
Dasytes
ケシジョウカイモドキの一種(Dasytes sp.)
花掬いで採れるなんとも言えない虫.オス採りたい.
Aphodius mizo
ミゾムネマグソコガネ(Aphodius mizo)
紳士なので糞からじゃなくてお綺麗に土の中から採った.
ホソテンダマ
ホソテントウダマシの一種(Panamomus sp.)
テンダマはツヤツヤで硬くてカッコいい.
このエントリーをはてなブックマークに追加

参加してきました.かなり準備不足だったがなんとかなんとかした.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Isodontia harmandi
アルマンアナバチ(Isodontia harmandi).アルマンの名を持つ大型のアナバチ.黒い体に目立つ赤い後脚を持つ.
普通種だが,ほんとにほんとにほんとにほんとに恥ずかしいことに今年になるまで採ったことがなかった.
いろんな人に言われたが,これは弁解の余地なしである.なんで今まで採れなかったのか不思議でならない.

ハチはあまりにも採っていない普通種が多すぎて初採集で一人感動していると毎回呆れられている.
同じ日にフタスジスズバチ(Discoelius japonicus)も初めて採集して感動していた.未熟者もいいところである.


P. S. ネキ ネキダリス ホソコバネカミキリ アルマン クロホソコバネカミキリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日,帰省して佐賀に家族旅行に出かけた.

せっかくなのでと近くの山に登って篩いをしたが,これがもう乾燥しっぱなしでぜーんぜん虫がいなかった.

なんとか見栄えのするやつは,これくらい.
Vollenhovia benzai
嗚呼,なんと地味な虫か.これはフタフシアリでもマイナーな属,ウメマツアリの仲間のタテナシウメマツアリ(Vollenhovia benzai)だ.
体長約2 mm.少し赤っぽく,マットな彫刻で特にこれといった特徴がない.しかし,関西より西の約10県ほどでしか見つかっていない地味に見られない種だ.南に行くほど多く,福岡や佐賀では普通に見られる.私は愛媛では採集したことがないが,福岡では篩うと毎回のように採れ,この間は大学のキャンパス内で採った.
近縁のウメマツアリ(V. emeryi)は朽木の中や樹皮下に巣を作りその周辺でしか見つからないのに対し,本種は土の中に巣をつくりリターからよく得られる.西南日本のリター篩いでウメマツを採ったら,こいつかもと疑うべし.
Vollenhovia benzai2
本種の特徴はココ.近縁のウメマツアリでは大きく発達する板状の腹柄下部突起がないかほとんど発達しない.和名はこの板状突起を盾とし,それがないという意味で付けられたのだろう.

さて,書くことがもうない.地味な種の宿命,書くことがないのだ.生態写真がネット上にほとんどないので,皆さんぜひ採集して美麗な写真を上げていただきたい.
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ