邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は163種(雌88種,雄50種)!!! 全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

松山から帰ってきました.刺激ばかりの10日間でした.
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏がやってきて,自販機やビニコンも賑わってきた.
Camponotus vitiosus-female
よく見る大きなアリ.ウメマツオオアリ(Camponotus vitiosus)のメス.
Brachyponera chinensis-male
黄色くてハチみたいなやつ.オオハリアリ(Brachyponera chinensis)のオス.メスより圧倒的に見かける気がする.6月ぐらいから9月くらいまでダラダラ見られる.
Chthonolasius-male
●●アメイロケアリ(Lasius sp.)のオス.大腮が開いてたから分かると思ったけど写真じゃ無理だった.標本見た後ちゃんと書きます.翅の根元が黒い.アメケとクサアリはオスメスともにこんな翅なので,ただのLasiusと混じってても一見して分かる.
Colobopsis nipponica-female
ヒラズオオアリ(Colobopsis nipponica)のメス.大型ワーカーが頭で巣に蓋をすることで有名だが,メスも同じく裁断されたような顔面を持つ.
Colobopsis nipponica-male
同オス.オオアリと違って梗節がボコっとして目立つ.アリの梗節は鞭節と変わらない見た目のものが多いけど,コイツ含め一部はちょっと違う形をしている.そういうとこ含め夏に灯火で見られるアリではオオズのオスにちょっと似てる.

このページはそれっぽい種のそれっぽい写真が撮れたら随時追加しようかな.
このエントリーをはてなブックマークに追加

酷かった台風が過ぎ,翌日は朝から晴天だった.
なぜか8時ごろに目が覚めてしまってスマホをいじっていると,同期の子のツイートが目についた.

採集に行きたい.

私もまったく同じことを思っていた.すぐLINEで連絡し,即準備して出ることに.
採集に行くと決めてからわずか20分.駅で落ち合う.数分後に到着したバスに乗り,船着場へ.
一切無駄のない完璧な運び.
meinohama
出発から1時間で目的地に到着.
nokonoumi
青い空.青い海.昨日までのブルーな気持ちはどこへ行ったかと思えばここにいたか.
この島は県民には馴染みの場所で,私も中学か高校時代に遠足で訪れた(はず).それ以来なので,少なくとも5年以上ぶりである.特に何かある場所でもないし,採集の理由付けがなければ多分行くこともないだろう.
勿論採集は初めて.何が採れるかな.

とはいえ,この日はゼミの日.それまでには戻らなければいけない.のんびりしている暇もないので,さっさと採集を始める.
Athalia
まず目に入ったのはこれ.マルハバチがものすごい数飛んでいた.片手間で写真に撮れてしまうぐらいいた.
ルイスアカマル(Nesotomostethus lewisi)?

ツマアカベッコウ(Tachypompilus analis)を初採集.大きいし,オレンジ色のお尻がすごく美しい.
kirigirisu
歩いていくとキリギリスが横切った.キリギリスは,声は聞こえど姿は見えずの代表格で何年も姿を見ていなかったので,こんなに開けたとこにホイホイ出てきていてビックリした.雄も雌もよく現れる.そういえば,香川のA島ではヤブキリが多かった.島は意外なものが多い印象だ(とはいえ,キリギリスは数自体はどこでも多い気がするけど).
Ariamnes cylindrogaster
オナガグモ(Ariamnes cylindrogaster).これ成体かね.
eupelmidae2
スウィープしかしなかったが,ベッコウはけっこう採れた.あとハラアカハキリバチヤドリ(Euaspis basalis)が採れた.綺麗なハチ.ナガコバチとタマゴクロバチも採ってノルマ達成.ヒメバチは3頭ぐらいしか採れなかった.7月の平地じゃね….
vagula
なんか変な奴がいないかと民家の塀を眺めていく.お!これは外来種,と思って何枚か写真を撮ったが,ピントが合った写真を見てみるとその外来種ではなくクボミシリアゲアリ(Crematogaster vagula)だった.おいおい.
amia
これこれ.これの生態写真を撮りたかったの.撮れなかったものはしょうがない.
nokonoba-ga-
帰り際にのこバーガーを食べた.空きっ腹にハンバーガーは染みる.おいしかった.
翌日からまた酷い雨が降り始めたので,この日採集して精神を安定できたのは本当に良かった.しばらくは採集行けないしね…

いい息抜きになった.環境写真を撮るためにまた行きたい.
このエントリーをはてなブックマークに追加

強風の中,セミの幼虫がケヤキを登っては落ちていたので持ち帰る(3年ぶりの観察).
kumazemi1
kumazemi2
kumazemi4
kumazemi5
kumazemi6
kumazami7
kumazami8
kumazami9
kumazami10
kumazami11
kumazami12
kumazami13
kumazemi3
立派に羽化した(♀).小雨が降っていたが,元気よく飛んでいった.
このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前の話だが,研究室の同期の子と採集に出かけた.彼とは前々から一緒に採集行こうよ,という話をしていたが,4月末に私がベトナムに,彼はタイに行き,ちょうど彼が帰国したころはキャンパス移転準備が佳境で,忙しくていけなかった.

せっかくできた休みの日は,土砂降りで流れてしまった.移転しきってしまうまで行けないのでは?そんな不安がよぎったとき,光が差した.次の日は予報が外れ晴れたのだ.ダメ元で予定を立てておいて正解だった.
大学の最寄り駅で落ち合い,私鉄に乗って東方へ.

電車を降りてバスを乗り継ぎ,登山口付近で降りて,てくてく歩きながら喋りながら.彼はしっかりしていて,ビジョンも見えていて,何よりいろいろなものを吸収しようという意欲が感じられる.いつの間にか失っていたものだ.いろんな(いろんな)経験ですれてしまった自分は,彼と話しているといつもハッとさせられる.
Camponotus yamaokai
登山口に向かう途中で見つけたオオアリ.多分だけどヤマヨツ(Camponotus yamaokai).

登山口に到着すると,二人しておもむろに篩いを取り出し,採集開始.二人とも篩っているせいか,足がすごく遅い.
Pristomyrmex punctatus
しかし,開始数分,虫がよく採れる.さすが,地元大学の歴代学生さんたちが御用達にしていた山だ.いろんな虫が記録され,タイプ産地にもなっている.標高は低いが,侮れない.2年前登ったときは大したもの採れなかったが,今回は期待できそう.
Ponera kohmoku
マナコハリアリ(Ponera kohmoku).わりと縁のある種だが,博多では初採集かも?意外なことに,この山では記録されていなかった.
薄暗い林縁のリター層を篩うと,一篩いにつき3,4匹のアリヅカムシが落ちる.こんなに採れるのはヤのつく虫を採った松山の低山地くらいだ.あそこと同じくらいリター層が豊富だ.良い良い.とにかく甲虫がいっぱい落ちる.甲虫が多いとことアリが多いとこは違っていて,今回はアリはそこそこに甲虫でいいのを採ろう,そう決めた.
mukugekisui2
ムクゲキスイ.多分いつものクリイロ(Biphyllus throscoides).
tibiside
他のクリイロだと思っていたものは,全部チビシデムシだった.生態写真撮り損ねた.
Tamakinokokana
頭と胸が赤い.これはタマキノコ?
Zomusi
交尾するゾウムシ.あれだけ篩いでグワングワンされても揺るがぬ愛.
Proceratium itoi2
イトカギ(Proceratium itoi).めっちゃ多かった.これまでにないくらい見た.バットの上でなく,地面を歩いている個体を見たのは初めてだった.

だいぶ足が疲れてきたので,昼ご飯.アリヅカムシはぼちぼち採れているようだ.
食べるの遅くて待たせてしまった.場所を移して採集再開.
Pheidole fervida
アズマオオズアリ(Pheidole fervida)が歩いているのが見えた.愛媛では平地は勿論,山でも標高が100 mを切るようなとこでは絶対に見られないけど,福岡はけっこう低いとこでも見られる.
Pheidole pieli minor
篩いではやたら小さいのが採れた.うわ,ちっちゃいな~と思っていたら,Pheidole pieli
これまた小さめなメジャーワーカーが.あれ?これはfervidaじゃないね.ヒメオオズアリ(Pheidole pieli)でした.福岡は南の島九州に位置するので,ヒメオオズも結構見られる.こちらも愛媛では南部の海岸付近の森林(と松山城)でしか見つかっていないくらい少ない.

再び篩いに戻る.
Sternodea japonica
ちょこまかとなんか良さげな甲虫が歩いている.さきほどのムクゲキスイよりは少し小さい.既視感があるが,甲虫をその場で同定できるほどの力はない.
Sternodea japonica2
顕微鏡で見るとこんなんだった.いい形してる.以前採集したダエンキスイに似てるけど,ちょっと違う.
おお,これがフタフシセマルキスイ(Sternodea japonica)か.いいね.
Mozartius uenoi
Mozartius uenoi2
マグソコガネも採れた.まず,いくらでもいるクロツツマグソコガネではない.年始にツルグレンで採ったのとも体型が違う.うーん,なんだ?赤味がかった体,鞘翅にいくつも走るラインがカッコいい.
Mozartius uenoi3
先輩が詳しかったので後日うかがうと,ウエノマルマグソコガネ(Mozartius uenoi)とのこと.おお,これがあのモザか.亜種分けされてるようで,これは九州亜種(M. uenoi hadai)だったと思う.
Polyrhachis moesta
腰が痛くなってもう篩いはボチボチ終了モード.その辺の葉っぱにいるやつとかを撮り始めた.これはチクシトゲアリ(Polyrhachis moesta).カッコいい.
Tetramorium nipponense
キイロオオシワアリ(Tetramorium nipponense).薄暗い林縁の葉っぱの上にいる.

そろそろ帰りたいな…そう思ったとき,目の前をハチっぽいものが通過.ん!?と思って目で追うと,それは地面に降り立って地中に消えた.よく見ると,穴が開いている.これは有剣類の巣だ.
ジーっと待っていると,穴から少し触角が動いているのが見えた.覗き込むと,Cerceris sp.
可愛い.ツチスガリかな.絶対捕まえてやるぞ,と意気込んで吸虫管を口に,ハチが出てくる瞬間を待つ.
ちょっと出てきそうだな,と思っても,近くに人間がいることを察知してか警戒して出てこない.
15分ほど,息をのむ駆け引き(とまではいかない何か)が続いた.警戒されまいと大きく体を引いたとき,ヌルっと穴から出てきて瞬時に飛んでいってしまった.間に合わなかった……蚊に献血しただけで何も得られず,ものすごくブルーになった.

これで集中力が完全に切れてしまい,もうそれから2,3回篩っただけで採集は終わった.
終わったときは,酷い成果だ,何も採れなかったな……と思っていたが,上の通り,そこそこ良いものは採れていた様子.一番嬉しかったのは良さげなコケムシ.あれは良かった.アリヅカムシも27匹採れ,全部彼に献上した.うまく扱ってくれることだろう.あと,一緒に採集に行ってくれてありがとう.
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ