邑遊自適~好蟻性的俺~

昆虫(アリ)を中心に、たまにしょうもない趣味を綴っていく日記。 笑いなしオチなしでの~んびりやっとります。コメントやリンクも大歓迎です(リンクの際はご一報ください)。画像の無断転載はお控えください。

現在、採集した日本産アリ類(2014~)は159種!!!全てのアリをこの目に焼き付ける!!!

IMG_9112
キバラハキリバチ(Megachile xanthothrix)。海辺のハマゴウにきていた。名前の通りの黄色い腹部の毛がとても美しい。飛んでいても一目瞭然だ。これを採ったときはこの場所には別件で訪れていたのだが、網を持ってきて正解だった。香川県で初採集して以来の再会。どちらも海の近くで採っているので、これを見ると青い海と白い砂浜を思い出す。
県内では先輩が採っていた個体を見たことがあるが、私はこれが初めて。他の県ではRDBに載るなど数を減らしている種類。この綺麗なハチが、いつまでも見られるように保全していかなくてはならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

世間がヒアリ(Solenopsis invicta)やアカカミアリ(S. geminata)の侵入で揺れる中、小さく、人を刺すこともなく、目録に載っててもさしてコメントもされないような外来種のアリが四国に侵入したことが報告された。
IMG_8861 (2)
英語で"ghost ant"と呼ばれている、アワテコヌカアリ(Tapinoma melanocephalum)。1.5mmと極小で動きは超素早く、他のアリだとサクラアリ(Paraparatrechina sakurae)にとても似ている。
似ているアリがいるとは言うが、頭は黒、他の部分は淡い黄色という独特のカラーリング。日本に棲む他のアリとはだいぶ雰囲気が違う。それもそのはず、このアリは元々日本には生息していなかった種類。
IMG_8858 (2)
しかしヒアリやアルゼンチンアリ(Linepithema humile)が南米原産とはっきり分かっているのに対し、このアリは世界に広がり過ぎて原産地が分からないという。そのくらい全世界で見られるアリだが、他の外来アリと比べそんなに問題にはなっていない。家屋害虫になるくらいには建物に侵入したり人間の生活圏に入り込みはするらしいが、特に刺すわけでもない。これなら同じ家屋害虫のヒメアリ(Monomorium intrudens)の方がよっぽど迷惑だ。そんなこんなで体色と比べて地味な扱いのアリ。

暖かい地域に多いアリなので、日本では沖縄や九州南部、あとは植物園だとか都会の建物の中だとかで見つかっていた。
このブログでも、沖縄で採集した本種の写真を上げている(石垣島採集記②参照)。
Tapinoma melanocephalum-H
頭部が黒いので、遠目からだと複眼が見えにくくなんだかのっぺらぼうのようで不気味な感じ(そもそも肉眼だと二色の粒が動いてるくらいにしか分からないが)。

今回報告されたのは、大学のキャンパス。外来アリの多くは初め物流の多い港や空港で見られることが多いが、このような研究機関でも、様々なモノが運ばれる。今回はそれについてきたんだろう。自分も遠方に採集に行き、そこで使用した採集道具を持ち帰ってからも使うことは当然ある。そのとき、こんな幽霊を一緒に持って帰らないようにしなければ。

四国での報告は、
久末遊,2017.アワテコヌカアリを四国で採集.蟻,(38):27-30.
に載っている。
ネット上にはPDFもタイトルも出回っていないので書き留めておく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_8864
以前オナガバチを採った場所をまた訪れてみた(虫の日参照)。前回は見られなかった、オオホシオナガバチ(Megarhyssa praecellens)のオスがわらわらと集まっていた。これは羽化するメスを待ち受けているらしいが、前に来たとき未記載種のメスがここに産卵してなかったっけ?オナガバチ入ってるのかしら。
IMG_8868
しばらくするとメスも飛んできた。前回の個体よりもだいぶ大きかった。個体差大きいんだなあ…。

今では発生地が分かっているので当然のように出会えているが、これまで見ることすら叶わなかったオナガバチ。網に入れるまでは最高のハチだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この日の夜はとてもむし暑く、それでいて風は全く吹いていませんでした。こんなコンディションの初夏の夜には、いくつかのアリが結婚飛行を行います。ベストなタイミングを逃す手はない。よし、出かけよう。
決心したのが夜中の1時。正直行くか迷いましたが、行かずに後悔するより行って後悔しろ、と何かが叫んだのでヘッドライトと吸虫管を手に、自転車のペダルをこぎ始めました。

5分ほどで目的地に到着。真夜中なので灯りは少なく、ポツポツと等距離に置かれた電灯に虫が集まっています。
電灯の光だけでは弱いので、持ってきたライトで照らします。
IMG_8787 (2)
きてるきてる。ハヤシケアリ(Lasius hayashi)です。オスは見られませんでしたが、有翅女王はかなりの数見られました。たまに写真のように淑女の集まりを開いているものもいます。
IMG_8792 (2)
これはアシナガアリ(Aphaenogaster famelica)の女王。実は翅があるものは初採集でした。ハヤシケアリより大きく立体的です。この場所には似た姿のヤマトアシナガアリも生息していますが、結婚飛行の時期がアシナガよりもだいぶ遅い(9月頃)ので判別できます。
IMG_8771 (2)
ハヤシクロヤマアリ(Formica hayashi)。夜でもおかまいなしに活動しています。アリは日中活動して夜は巣の中でひっそり…というイメージがなんとなくありますが、わりと日中活発に活動している種も元気にうろついています。うろついて何をしているかというと…
IMG_8779 (2)
これです。飛行があるということは、大量の餌が現れるということ。これはクロオオアリ(Camponotus japonicus)ですが、電灯の周りをうろついて、ハヤシケアリの女王を捕らえました。女王は栄養満点でしょうね。
IMG_8790 (2)
こちらではキイロオオシワアリ(Tetramorium nipponense)が同じくハヤシケアリの女王を襲っていました。たくさんの羽アリが巣を作るために飛び立ちますが、巣作りのスタートラインに立つことができる個体でさえ極少数です。
IMG_8785 (2)
さきほどアリは昼も夜もかまわず活動する、と書きましたが、夜の方が活発な種もいます。このキイロオオシワアリやキイロシリアゲアリ(Crematogaster osakensis)は、日中よりも多くの個体が、日中よりも目立つところを活発に歩いています。2種とも夜行性とは言われていない(はず)ですが、なんとなく夜の方が元気な気がします。実際に夜行性が知られる種としては、ミカドオオアリ(Camponotus kiusiuensis)やアメイロオオアリ(C. devestivus)などがいます。これらの種類を比較するといくつか共通点が見つかってきます。パソコンに向かって論文を読みながら考えるのも良いですが、こうやって実際のフィールドで観察したことからああだこうだ考えるのも楽しいものです。

結局ハヤシケアリとアシナガアリ、それとオオハリアリ(Brachyponera chinensis)の3種しか飛行を確認できませんでしたが、久しぶりの夜の蟻探しに、必死にアリを探していたころの感覚を思い出しました。頑張らないと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも篩って採れる虫はアリばかりを上げているので、たまには甲虫を。ただし、名前はじぇんじぇん分かりません。
IMG_8704 (2)
IMG_8706 (2)
マメダルマコガネ(Panelus parvulus)。ツルグレンではお馴染みだが、篩って採ったのは久しぶりだった。
IMG_8702 (2)
たぶんケシガムシのなにか。最初存在を知ったとき陸上にガムシいるのかとおったまげた記憶。これ触角は引っ込めてるだけだよね?
05
コケムシ。専門の方からルイスヒメコケムシ(Euconnus lewisii)と教えていただいた。たぶん一番よく見るコケムシだと思う。
34
ツルグレンで一番落ちたハネカクシ。セスジハネカクシとかいう仲間だろうか。篩いでは一個体も採れなかったのに...。こういうことがあるから篩いとツルグレン両方やらねばならない。
IMG_8697 (2)
ムクゲキノコ。小さい。
IMG_8687 (2)
ゴミムシ。素敵な色。眼がないともっといいのに。

他に毎度おなじみクロミジンムシダマシ(Aphanocephalus hemisphericus)とか、コヤマトヒゲブトアリヅカムシ(Diartiger fossulatus)などが採れた。かなり甲虫は採れた気がする。もっと写真撮っておけばよかったなあ。
今回行った場所は全体的に虫が多くていい環境だった。アリは28種採れた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ